5,000円(税込)以上お買い上げで送料無料

TEL 024-553-0396 MAIL info@terashima-bussan.com

×

CATEGORY

1配送につき税込5,000円以上お買上で送料無料(沖縄、一部離島は除く)
食事の食べ方コラム

CATEGORY

CONTENTS


HOME»  ブログ記事一覧»  低インシュリンダイエット Vol.20

低インシュリンダイエット Vol.20

低インシュリンダイエット Vol.20

今回は、「炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵」をお伝えします。

ご飯やパン・うどん・餅も、確かに高GI値食品で、血糖値が上がりやすいですが、これらの主食は低GI値食品を混ぜ込んだり、のせたり、付け合わせることで、血糖値の上昇をコントロールすることはできます。

ただ、気を付けたい食品は炭水化物+砂糖の組み合わせ食品です。
あべかわ餅や甘いたれをみたらし団子のようなものは要注意。砂糖は最もGI値が高い食品です。
それに小麦粉や白玉などの粉物の炭水化物が加われば、血糖値は一気に上昇します。

コンビニやスーパーのお菓子も低糖質のものが増えましたが、上記の組み合わせのお菓子が多いのが現状です。和菓子より吸収の早い米粉を練って作ったものは、たとえ1袋120calしかなくても、ダイエットにはむきません。チョコレート菓子、どら焼き、ケーキ、クッキーなどもおすすめできません。

しかし、無理に我慢をしてストレスをため込むこともよくはありません。血糖値を上げにくい食材で、食間に少し食べることでそのストレスを軽減したいものです。
プリンやゼリー、ナッツ類、乳製品やゼラチン、寒天を使ったお菓子等、また果物で自然の甘みを選びましょう。
  
「甘いものは血糖値が上がりやすい=太りやすい」を忘れずに。

次回は、「朝食をいつも食べられる生活スタイルを」をお伝えします。

参考資料
永田孝行著 永田式 行きつく先のダイエット
永田孝行著  Diet Basic Book
永田孝行監修 【超実践版】低インシュリンダイエット食品別 GI値 早わかりハンドブック

#牛乳
#ダイエット
#だいえっと仲間募集中 
#だいえったーさんと繋がりたい 
#健康
#健康食 
#健康ごはん 
#低gi
#福島

2022-03-25 19:22:36

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント